新型コロナ対策

看護師出身の医療・福祉向け経営コンサルタントの(株)NSコンサルタンツが運営するブログです。日総研出版より看護関係の執筆多数あります。 本来は看護を中心とした業務改善の専門家ですが、(株)ホギメディカル出身ですので感染対策についても得意な指導分野です。顧客からの質問も多いのでブログを書くことにしました。私見が多くなりますが、よろしくお願いします。

    2020年は主に新型コロナ関連の対策等の情報をお伝えしていきます。 NSコンサルタンツのHPは以下となります http://ns-consultants.co.jp/ YAHOOショップ開店しました。 https://store.shopping.yahoo.co.jp/ns-consultants/search.html FaceBookは以下となります。 https://www.facebook.com/toshifuminishina

    インフルエンザワクチンは、4つの型に適合するように調剤されています。4つの型の内訳は、A型2種類、B型2種類です。
    インフルエンザの場合も、流行に応じて対応する型を年々増やしてきています。

    新型コロナの場合は、世界的に様々なワクチンが開発されてきていますが、アストラゼネカ製のワクチンは南アフリカ型の変異種には効果が低いという治験結果が出ています。
    新型コロナウィルスは、変異種が様々な型が報告されています。南アフリカ型、イギリス型、ブラジル型、カリフォルニア型の流行が報じられています。今現在承認されているワクチンが全ての型に対応できる保証がないのがややこしい点です。新型コロナは変異を起こしやすいという特徴があるため、対応するワクチンのいたちごっこになっています。ワクチンにより重症化を抑えながら、治療薬の開発に期待したいものです。
    あとは、インフルエンザワクチンの様に毎年打たないといけなくなりそうだなあと思っています。終生免疫は無理だろうと思います。


    妻が4月10日土曜日の夜に38℃の発熱あり、咳、痰が絡むとの事で自宅内隔離実施中。
    保育所でのアルバイトがらみの新型コロナ感染可能性が否定できないため、4月11日広島西飛行場跡地でドライブスルーPCR検査を受けた。

    唾液検査で、問診が10分くらいかかる。
    検体をとるのも5分くらいかかった。
    検査は、受付→問診→唾液をとる→検体提出
    翌日18時頃、ホームページで確認。
    陰性の連絡は来ない。

    という段取りでした。
    完全予約制で、予約の電話はわりと繋がりにくく30分かけ続けでようやく予約できた。
    この検査は無料ですので、念のために受ける場合は有効な対策だと思います。

    結果、翌日18時の時点で連絡無しで、連絡がなかった人は陰性ですとのホームページ発表でした。よって在宅隔離解除できました。

    一般論では、気温が上がれば従来型のコロナウィルスは落ち着くとされていますが、新型コロナや、変異種は、夏場でも関係なく感染拡大しているようです。
    ついこの前、緊急事態宣言解除をされたばかりですが、変異種の拡大が影響しているようで、感染拡大が続いています。

    こうなってくると、そもそも論として、マスク、手洗い、会食禁止が対策の軸になると思います。

    このページのトップヘ