新型コロナ対策

看護師出身の医療・福祉向け経営コンサルタントの(株)NSコンサルタンツが運営するブログです。日総研出版より看護関係の執筆多数あります。 本来は看護を中心とした業務改善の専門家ですが、(株)ホギメディカル出身ですので感染対策についても得意な指導分野です。顧客からの質問も多いのでブログを書くことにしました。私見が多くなりますが、よろしくお願いします。

    2020年は主に新型コロナ関連の対策等の情報をお伝えしていきます。 NSコンサルタンツのHPは以下となります http://ns-consultants.co.jp/ YAHOOショップ開店しました。 https://store.shopping.yahoo.co.jp/ns-consultants/search.html FaceBookは以下となります。 https://www.facebook.com/toshifuminishina

    地道に3回目ワクチンを打ってますが、2回目までと違い、3回目はさほど人気ないです。
    ワクチン供給が少ないというのもありますが、みなさんが積極的にワクチンを打ちにくるという状況でもないように思います。
    4回目ワクチンの議論も話題になってますが、オミクロン株がほぼ風邪症状ですから、そろそろ感染症分類を5類に下げるべきだと思います。
    行政さんともやりとりしてますが、ホテル療養も、病床も30%以下の稼働ですから、取り扱いを見直す時期なんだと思います。
    ワクチンを打っても感染してますが、ほぼ軽症ですから困惑してます。また、暖かくなり、蔓延防止あけで外来での検査数、陽性率も上がってきました。今のままでは中途半端にまた蔓延防止を出しかねないので、そこが心配です。
    塩野義の薬をタミフル的に予防投与可にして、感染症分類を5類に変更をしてもらいたいです。
    そうなると、4回目のワクチンよりは、年1ワクチンの体制に移行するような気がします。

    2月から個別接種に取り組んでいますが、ファイザーのワクチンは週2バイアル12人分しか供給されないことになり、ワクチン接種専用会場は用意してましたが、そこは使わずに、外来の一部でワクチン接種対応をしています。
    今のままではワクチン接種広がらないため、3月からは、モデルナに切り替えてワクチンの接種枠を週120にして対応する事にしました。
    交差接種でもデータ的に良いと判断した対応ですが、行政からの供給見通しを出来るだけわかりやすく通達してもらえると助かります。

    私の所属するクリニックでのワクチン接種時にザワザワした事がありました。
    ワクチンの有効期限を示すシールが2022/01/31
    実際に使おうとするタイミングの2月だと有効期限切れとなるため、市役所に確認連絡。
    すると、ファイザーの有効期限が6カ月から9カ月に延長となり、その際に印刷物の日付に齟齬が発生したとの事でした。
    このため、印刷物に修正など手を加えるとまずい気がするので、上記の内容を注意説明文にして患者さんに渡す事にしました。
    新しい取り組みでは、しばしば発生する事案ですから大きな問題ではないのですが、小さいクリニック等では大変だから、行政側で注意説明文の雛形を出してあげたら良いのになとおもいました。
    とにかく3回目接種頑張って進めていきましょう。

    このページのトップヘ