新型コロナ対策

看護師出身の医療・福祉向け経営コンサルタントの(株)NSコンサルタンツが運営するブログです。日総研出版より看護関係の執筆多数あります。 本来は看護を中心とした業務改善の専門家ですが、(株)ホギメディカル出身ですので感染対策についても得意な指導分野です。顧客からの質問も多いのでブログを書くことにしました。私見が多くなりますが、よろしくお願いします。

    2020年は主に新型コロナ関連の対策等の情報をお伝えしていきます。 NSコンサルタンツのHPは以下となります http://ns-consultants.co.jp/ YAHOOショップ開店しました。 https://store.shopping.yahoo.co.jp/ns-consultants/search.html FaceBookは以下となります。 https://www.facebook.com/toshifuminishina

    抗体点滴カクテル療法で、ロナプリーブという点滴を入院患者に対してのみ利用可能となってます。
    感染爆発している首都圏では入院率が15%程度まで落ちてきて、在宅待機の患者が溢れているとの報道です。
    抗体カクテル療法は、感染初期にしか効果がないとされています。ウィルスの増加を防ぐための治療薬ですから当然ですが、入院受け入れが難しい状況で、なおかつ在宅医療で使えないのが、現在の抗体カクテル療法の承認状況です。武器があっても使えないという変な状況となっています。緊急承認薬は、安定供給にも難がありますから、色々大変だと思いますが、緊急事態な事を理解した上での体制整備が必要だと思います。
    デルタ株は、ハシカレベルの感染力だそうですから、空気感染レベルの対応は非常に難しいです。このため、ワクチンで重症化を防ぎ、早期発見、早期治療に取り組める体制を目指して欲しいものです。

    デルタ株が強いから予想通りではあります。
    とはいえ、65歳以上のワクチンは概ね進みましたから、重症化リスクはかなり下がってきてます。
    治療薬も増えてきましたから、後は警報の段階ルールの見直しが必要だと思います。
    感染者数でのレベル分けでなく、重症病床の使用率と、中等症病床の使用率でのレベル分けへの移行が必要になると思います。
    日本は未だにロックダウンできる法整備がないです。しかも、公費での医療体制維持ですから、報告義務で事務仕事が増えてます。今のままでは医療財政が逼迫すると思います。
    選挙が終われば、感染症区分の見直しと、公費から医療保険への切り替えがあるのでしょうが、終息に向けた工程表が見えてこないのが悩ましいです。
    また、ワクチンを打てば大丈夫という意見は間違いです。ワクチンによる感染予防効果は50%未満が臨床現場では正解だと感じてます。ただし重症化防止効果は90%以上ですから、生命を守るためにもワクチンはより多くの人に打ってもらいたいです。

    色々な国から統計データのニュースが上がって来ている。
    新型コロナに関しては、感染予防率、発症予防率、重症化予防率などが色々な情報が飛び交っています。
    ワクチンはそもそも重症化防止役割ですから、重症化予防率が最重要であり、そこが限りなく100%であって欲しいものです。現時点でも、重症化予防率は90%超過のようですのでその報告データは追いかけて行きたいと思います。
    昨年は、感染した人の重症化率が、20%という事で恐怖したわけですが、2021年6月の国内での重症化率は、1.6%となっています。
    統計データについては、WHOで計算式の基準を定めて欲しいものです。
    https://www.mhlw.go.jp/content/000788485.pdf

    このページのトップヘ