新型コロナ対策

看護師出身の医療・福祉向け経営コンサルタントの(株)NSコンサルタンツが運営するブログです。日総研出版より看護関係の執筆多数あります。 本来は看護を中心とした業務改善の専門家ですが、(株)ホギメディカル出身ですので感染対策についても得意な指導分野です。顧客からの質問も多いのでブログを書くことにしました。私見が多くなりますが、よろしくお願いします。

    2020年は主に新型コロナ関連の対策等の情報をお伝えしていきます。 NSコンサルタンツのHPは以下となります http://ns-consultants.co.jp/ YAHOOショップ開店しました。 https://store.shopping.yahoo.co.jp/ns-consultants/search.html FaceBookは以下となります。 https://www.facebook.com/toshifuminishina

    ファイザー社のワクチンはー70℃保管です。これにより、一部の特殊設備があるところでした保管管理が困難な状態です。
     
    ①-70℃保管→②チルド保管(2℃~7℃)→③生理食塩水溶解保管(常温)

    ①は特殊な冷凍庫ですので、センター保管として、②~がワクチンを打つ施設側での対応となります。
    ①→②に移した時点で5日以内に使用を終わらせてくださいという事です。
    -70℃→チルド状態での溶解にはおおむねチルド室で6時間をイメージしています。
    夕方クリニックに届けてもらい、チルド冷蔵庫に保管し、朝になったら③生理食塩水に溶解して、予約患者に接種するという状態になるのだろうと解釈して運用整備を進めています。

    チルド保管の期間が5日間で、溶かしたら6時間以内という原則論でワークフロー構築しておけば間違いにくいと思います。あとは、予約の患者さんがキャンセルとなった場合の対応を柔軟に行ってよいかどうかです。予約していたが、体調不良でこれなかった患者さんが一定の割合で発生します。この場合のワクチンを予約券のない人に打って良いのかどうかというルール整備を定める必要があります。
    溶解後6時間の時間内で処理できなければ廃棄処理が待っています。
    貴重なワクチンですので、無駄なく対応したいものです。もしかしたら、予約の段階で追加的な予約(余れば打てる補欠枠)をする方が良いのかもしれません。

    いよいよ、広島県での大規模PCR検査の実施が近づいてきました。
    PCR検査を積極的にやるという取り組みは意義があります。無症状感染者の炙り出し効果も期待できます。しかしながら、コスパがすこぶる悪いように感じです。
    定期的に健康診断のごとく5千円くらいで検査を行えるPCR検査センターを地域医師会単位で作った方が良いですよ。
    一斉検査を行うならば、強制的でないと取りこぼします。任意検査でしか出来ない日本の法制度の中での限界があります。
    介護、医療スタッフを病棟や、ユニットなどの部署毎で、定期的にプール方式でPCR検査するような運用体制構築に予算を当てて欲しいです。市中感染率が低下した今のタイミングでの大規模検査の疫学的な意義を感じないのはわたしだけなのかなあと考えてしまいます。

    飛散防止スクリーンは、世の中に色々ありますが、訪問リハビリなどの際に活躍するのが、携帯型飛散防止スクリーンです。

    ちなみに、白衣着て説明動画や、説明写真に出てるのは私です。

    必要な時に開いて、不要な時に畳めるスクリーンが欲しいからという事で、私が非常勤取締役をしています、服部エンジニアリングという会社で企画、開発を行い、中国で量産しました。
    あったら良いのになあという製品を売れなくても良いからと作って市場投入していますが、この携帯型飛散防止スクリーンは、500本作り400本売れましたから割と優秀です。

    折り畳み式のスクリーン、在庫がまだ少しあります。いかがでしょう。

    https://store.shopping.yahoo.co.jp/ns-consultants/2020061001.html#&gid=itemImage&pid=1

    このページのトップヘ