新型コロナ対策

看護師出身の医療・福祉向け経営コンサルタントの(株)NSコンサルタンツが運営するブログです。日総研出版より看護関係の執筆多数あります。 本来は看護を中心とした業務改善の専門家ですが、(株)ホギメディカル出身ですので感染対策についても得意な指導分野です。顧客からの質問も多いのでブログを書くことにしました。私見が多くなりますが、よろしくお願いします。

    2020年は主に新型コロナ関連の対策等の情報をお伝えしていきます。 NSコンサルタンツのHPは以下となります http://ns-consultants.co.jp/ YAHOOショップ開店しました。 https://store.shopping.yahoo.co.jp/ns-consultants/search.html FaceBookは以下となります。 https://www.facebook.com/toshifuminishina

    兵庫の大規模調査や、昭和医科大学の調査結果を見ていると、現状ではイギリス型の変異種への置換がかなり進んできている。新型コロナ患者の概ね50%が変異種であったという検査結果をうけてやっかいだなと思っています。
    政府の分科会でも、新型コロナは変異種に置換されていくだろうとされていましたが、水ぎわ対策は失敗に終わり、変異種による感染急拡大が懸念されます。
    従来型であれば夏場は概ね落ち着くと認識せていました。これにより、オリンピックも開催されるのだろうと思っています。しかしながら、イギリス型は感染力が1.7倍との報告です。感染力が強いため、夏場でも感染力が落ちないようです。
    会食の場合はマスク会食の徹底をとの事ですが、やってみましたが、極めて食べずらい。不器用な私はマスクを汚してしまいました。
    こんな事ならば会食なしで、自宅でデリバリーで良いのでは?と感じてます。

    新型コロナの変異種は感染力が高い事が報告されています。やっかいなのが、従来型の抗体を持っている人にも感染するという点です。
    インフルエンザA型にかかった人が続いてインフルエンザB型にかかるように、新型コロナは、従来型、イギリス型、ブラジル型、南アフリカ型などそれぞれの型は分けて対応が必要となるようです。
    このため、新型コロナ専用病棟を作っても、それぞれの型に分ける必要があり、設備的にも人員配置的にも厳しいと思います。
    変異種は、従来型の症状がある状態で、イギリス型では感染力が1.7倍、さらに子供にもうつりやすいという特徴があります。

    ブログはじめた秋頃に、延期になっていた娘の修学旅行が無事に行えました。
    当初は、京都2泊3日の計画だったものが、1泊2日で長崎に変更となったとの事です。

    私がこのブログを書き始めたのが去年の9月頃で、あの段階ではgo toトラベルも、go toイートも展開されていました。学校からの修学旅行延期の話に、go toトラベルを国が推奨している段階での延期は意味がないのになんでだろうと疑問を持ったものです。
    今更ですが、延期してなければ2泊3日で問題なく修学旅行できていたと思いますが、とにかく無事に修学旅行が出来た事に感謝しています。

    新型コロナに関しては、これから先で変異種に置き換わり、去年の秋以降の様に感染流行の再拡大が心配です。
    外気14度以下、湿度40%以下がインフルエンザや、新型コロナが拡大する環境条件です。
    ワクチンを打てば大丈夫という保証はありませんし、変異種ではワクチンの効果が弱まるという話もあります。
    去年私は一例もインフルエンザの患者をレセプト締めている時にもみていません。今年の感染対策は、3密回避、ソーシャルディスタンス、マスク直用、手洗い励行以外に何を行くべきかをまた考えていこうと思います。
    ブラジル型、南アフリカ型、フィリピン型、イギリス型、どの変異種が主流になるかはわかりませんが、市中感染がじわじわ広がっているようですので、状況変化に注視していこうと思います。
    ブログは秋まで書く事ないかなと思っていたなで書くことがある状況が残念です。
    緊急事態宣言が解除されても、地道な感染対策を続けていきましょう。

    このページのトップヘ