新型コロナ対策

看護師出身の医療・福祉向け経営コンサルタントの(株)NSコンサルタンツが運営するブログです。日総研出版より看護関係の執筆多数あります。 本来は看護を中心とした業務改善の専門家ですが、(株)ホギメディカル出身ですので感染対策についても得意な指導分野です。顧客からの質問も多いのでブログを書くことにしました。私見が多くなりますが、よろしくお願いします。

    2020年は主に新型コロナ関連の対策等の情報をお伝えしていきます。 NSコンサルタンツのHPは以下となります http://ns-consultants.co.jp/ YAHOOショップ開店しました。 https://store.shopping.yahoo.co.jp/ns-consultants/search.html FaceBookは以下となります。 https://www.facebook.com/toshifuminishina

    最近のニュースで疑問でしかないのが、夜の銀座で飲んでいた政治家がつるし上げられて、議員辞職や離党する等のニュースが出ている。
    国民感情的なものはあるのだろうが、その程度の事で大騒ぎしている状態が疑問でしかない。
    首相や上司にあたる政治家が、国民の皆様にお詫びしますというニュースを聞いているだけで、謝るとしたらそこじゃないだろうって思ってしまう。明確な解決策を見つけられずに申し訳ないならば意味がわかる。
    1年が経過してもまだ抜本的な解決策が世界中見つかっていない、しかしながら、今はワクチンにより重症化を防ぐ体制がとれるゃうになったので、ワクチン接種に全力を注ぎ、医療体制を落ち着かせます。治療薬が、準備できるまで一緒に頑張りましょう。と言うべき状況だと思います。

    今この国は、緊急事態宣言下に置かれています。これにより、飲食店に対しては夜間営業の自粛をお願いしている状態です。現時点では、法律的な対応でも、お願いベースしかできないのが実情ですが、それでも感染は抑制傾向です。
    罰則を含む命令についての法改正の報道も出ていますが、本来政府が行うべきは、お願いベースではなくて、新型コロナに立ち向かうための方策についての体制整備です。

    立法府は、感染症法の整備と、新型コロナ特措法の整備
    →ここで公共の場でのマスク着用義務化や、病床区分の変更等の整理
    行政府は、検査体制増強に向けた予算編成や、ワクチン接種をスムーズに行うための段取り整備
    →予算措置、配分及び、役割分担の整理

    これの工程表の整理と公開を早急に行うべきです。大まかなグランドデザインを作り、走りながら埋めていく方式で仕方がないと思います。
    なんせ、ワクチンもいつ届くのか?という期限設定さえ決まってない実情ですから仕方ないのです。
    誰かがお酒を飲んでいるからけしからんという議論はストレス発散レベルの話です。
    現状を打開するために約700人いる国会議員の先生方にはしっかりと立法と、行政を頑張ってほしいです。

    つい最近の国会答弁で、最終的には生活保護という言葉が首相の発言があったという事がワイドショーなどでクローズアップされています。
    生活者の支援というキーワードは奥が深いです。
    病気等でやむおえない理由で就業が困難であり、資産・財産もない人については、生活保護という選択肢はあると思います。しかしながら、人手不足の業界と、仕事が減って仕事がない人があふれている業界のミスマッチが深刻な社会問題だと思います。端的に言えば、資格が無くても就業可能な職業としては、私たちの業界では介護のワーカーという選択肢があります。特に夜勤ができる介護士は不足していますので、私の関係先だけでも数十人の雇用はあります。また、私の実家は運送業をしていますが、運輸業に関して言えば、アマゾンを代表する宅配需要の増加が膨大にあり、トラックはあっても運転手が不足しているという状況が続いています。
    何が言いたいかといえば、政府は労働需給のミスマッチを解消する取り組みに力を入れるべきだと思います。看護師等の国家資格が必要な職種は難しいですが、保健所がパンクしているように、業務が集中している職場でのアシスタント業務等は、保健師の資格も、看護師の資格も不要です。
    判断は資格者に任せて、状況確認や、情報収集をチェックリストの基づく手順で進めて、情報を資格者に上げていく様な流れが作ればよいと思います。
    役割分担や、ワークシェアの考え方が進まないことを問題視して欲しいものです。
    業務バランスの整理と役割分担ができるだけで業務はスムーズに回りますが、これを指揮するための指揮官が不足しているんだと思います。仕事のミスマッチの解消に対して、首相や、政府は積極的に取り組んでくれたら良いと思います。正直、国会議員が銀座で飲んでいることがどうとかで貴重な国会の時間を使ってほしくないです。国が直面している大きな課題である、例えば、失業給付を1年出しますから、その間に他の仕事につくためのリモート研修カリキュラムを充実させますとかの政策に期待しています。

    昨日友人と話していると、最近はスポーツジムの中でのマスク装置が厳しくて、マシン中の着用、スタジオでの着用は当たり前で、サウナな中でもマスクをつけるルールになって大変だよと話していました。
    私は、自分が感染持ち込みをしたくないので3月に大規模なジムは解約しました。このため最近のジム事情はわかりませんでしたが、なるほど、色々な対策があるものだと思いました。
    私的にはそこまでして大規模なジムに行く必要があるのだろうか?との感想です。
    私は今は自宅の腹筋台と、ダンベルでホームトレーニングと、日々の犬の散歩に取り組んで活動量を維持しています。

    IMG_4477

    このページのトップヘ