新型コロナ対策

看護師出身の医療・福祉向け経営コンサルタントの(株)NSコンサルタンツが運営するブログです。日総研出版より看護関係の執筆多数あります。 本来は看護を中心とした業務改善の専門家ですが、(株)ホギメディカル出身ですので感染対策についても得意な指導分野です。顧客からの質問も多いのでブログを書くことにしました。私見が多くなりますが、よろしくお願いします。

    2020年は主に新型コロナ関連の対策等の情報をお伝えしていきます。 NSコンサルタンツのHPは以下となります http://ns-consultants.co.jp/ YAHOOショップ開店しました。 https://store.shopping.yahoo.co.jp/ns-consultants/search.html FaceBookは以下となります。 https://www.facebook.com/toshifuminishina

    厚生労働省から、新型コロナウイルス感染症の検査を行う場合が、導線をわけるようにとの通知が医療機関に流れてきました。

    厚生労働省の10月以降の体制計画についての通知

    さて、ここで大きな問題があります。
    昨年までは、インフルエンザの検査の場合、マスク程度の防御体制で診察室の中で検査を行っていました。端的に言えば、新型コロナウイルスは、感染拡大の危険性が高いという事で、分けて対応するようにとの指示が出たという事です。

    導線を分けると一概に行っても、実際は非常に運用が難しくなります。
    現在の条件であれば、37.5℃以上の患者は、通常の入り口以外の経路での別室での検査を行うか、屋外での検査を実施するという流れになります。
    そのまま対応するとしたら、医療者側がガウン・フェイスガード・グローブを着て、対象患者の車にいってから検査を行う体制をとる。もしくは、37.5℃以上の来院患者に対して唾液検査用の容器を渡し、唾液によるPCR検査に回すという流れとなります。
    ここでの課題は、唾液でのPCR検査は、最低1日後の結果通知になります。
    現在多くの医療機関で想定している抗原検査での判定15分後という形とは大きく乖離する形となります。
    迅速に判定して、振り分ける検査をスクリーニング検査といいますが、スクリーニング検査を行う場合、現実的には、屋外の検査ユニットを整備し、鼻腔からのスメア検査で2本検体採取し、新型コロナは抗原検査、インフルエンザは、従来からの検査キットを使用し、15分後にはどちらも判定結果がでる状態を作る形が現実的だと考えています。
    この考えを元に、屋外検査ユニットの開発を弊社が企画する形で進めており、すでに形になり試験運用が始まっています。



    日本感染症学会の指針では、秋からのインフルエンザ流行期対策として、医療機関において、インフルエンザと、新型コロナウイルスの検査を同時に行う事を指針として提言されている。

    2020年9月22日現在では、この提言を実現しようと思うと法制度の壁が立ちはだかる。
    現在 新型コロナウイルスは指定感染症 2類相当の取り扱いで、これは感染症指定医療機関のみが診療を担うものであり、検査も治療も公費負担である。

    仮に、感染症指定医療機関でない一般的な診療所・病院が新型コロナウイルスの検査を行う場合は、自費診療による検査になる。抗原検査で約6000円 PCR検査で3万円が一般的な相場である。
    しかし、インフルエンザの検査の場合は、指定感染症でも5類感染症であり、保健所への報告義務もなく、通常の保険診療で対応となる。

    日本は、混合診療を認めていない。これは、保険診療と自費診療を並行して行う事を制度上認めていない。よって、現段階では、一般の診療所・病院では、新型コロナウイルスの抗原検査と、インフルエンザの検査を同時に行う事が事実上不可能となる。
    どうしても行うのであれば、保険診療でインフルエンザの検査を行い、新型コロナウイルスの抗原検査は病院の持ち出しで無料で行う形になる。

    医療機関は、外来患者減少及び、入院患者の制限や、一般の入院患者の手術調整による遅延等様々な弊害が出ており、収入減に苦しんでいる。国に対してはその辺に配慮した対応を期待する。

    このページのトップヘ