新型コロナ対策

看護師出身の医療・福祉向け経営コンサルタントの(株)NSコンサルタンツが運営するブログです。日総研出版より看護関係の執筆多数あります。 本来は看護を中心とした業務改善の専門家ですが、(株)ホギメディカル出身ですので感染対策についても得意な指導分野です。顧客からの質問も多いのでブログを書くことにしました。私見が多くなりますが、よろしくお願いします。

    2020年は主に新型コロナ関連の対策等の情報をお伝えしていきます。 NSコンサルタンツのHPは以下となります http://ns-consultants.co.jp/ YAHOOショップ開店しました。 https://store.shopping.yahoo.co.jp/ns-consultants/search.html FaceBookは以下となります。 https://www.facebook.com/toshifuminishina

    2020年09月

    新型コロナ 診療の手引き第3版が公開されています。
    医療機関向けの資料です。

    感染データの情報更新と、検査手段の整理、薬剤治療についての整理がなされています。
    また、現在運用が開始された情報共通ツール HER‐SYS等の情報が追記されています。

    新型コロナ 診療の手引き 第3版

    国の対応については、指定感染症を外すかどうか、分類を2類感染症相当からどう変更するのか等の整理を早く進めてほしいものです。
    2類感染症以上は、病院での完全隔離が原則
    3類感染症以下は、在宅隔離可能という大原則に基づいた対応を考慮して分類を整理してほしいものです。
    ちなみに、季節性のインフルエンザは5類感染症です。
    5類感染症でも定点観測というルールに基づいて保健所に情報伝達する仕組みは存在しています。
    例えば梅毒は5類感染症ですが、発見したら保健所に届け出ています。


    新型コロナワクチンは、急ピッチで開発中です。
    政府案では無料で国民が接種できるように準備をしているとのことです。

    情報が出てきていないからどうなんだろうと疑問に思っている点は、新型コロナの抗体は治癒後4ヵ月程度で消失するとのレポートを拝見しています。
    インフルエンザのように、抗体の有効期限がおおむね4ヵ月としたら、新型コロナのワクチンは定期的な摂取が必要になるような気がします。

    なんとなくですが、新型コロナのワクチンは、4ヵ月毎に接種 インフルエンザワクチンは、10月下旬に接種というのが普通のサイクルになるように感じています。
    RNAウイルスは変異しやすい特徴もありますし、ワクチンもインフルエンザのように型毎のワクチンの追加が発生していく様な気がします。

    ちなみに、私は今年は10月15日頃にインフルエンザワクチンを接種予定です。
    抗体ができる11月以降は、インフルエンザに対する抵抗力が上がる予定です。
    新型コロナのワクチンも打つ必要があるとは思いますが、安全性がまだ不明なので、しっかりとした情報開示を待ちたいと思います。

    新型コロナのPCR検査や、インフルエンザのスメア検査を行う際に、鼻の中を刺激するためくしゃみが非常に危険です。室内でのスメア検査の際に飛沫が飛散しないための検査BOXを開発してみました。
    テストユーザーの反応を見ながら製品化を検討してます。
    室内でどうしてもスメア検査が必要な場合はこの形もありかなと考えています。

    スメアとは、こすりつけるという意味で、インフルエンザや、新型コロナウイルスが鼻の奥にある鼻腔粘膜に綿棒をこすりつけて、ぬぐい液を採取し、その採取したぬぐい液を元に検査を行います。
    新型コロナ抗原検査、新型コロナPCR検査、インフルエンザ検査でこのスメア検査で検体を採取します。

    image
    image

    今までは、買い物をするためにお店に出かける。
    診察を受けに病院に行く。
    商談のために会社を訪問する。
    という目的のために行動するが普通の世の中でした。

    コロナ下では、この概念が大きく変化してきています。目的のための行動から、目的が近づいてくる形に向かって来ています。MaaS(Mobility as a Service)という概念が物凄い勢いで広がってきています。
    ウーバーイーツなどの出前サービス、訪問診療、移動販売、ネットショップなどのように、サービスを移動させるという概念が大きなビジネスチャンスのように感じています。

    新型コロナ感染拡大の影響で会社から会食の自粛や、移動制限の自粛という事があると思います。
    やっかいなのは、自粛というキーワードです。自粛はあくまでも任意な対応です。
    判断基準が定まっていませんし、多くの場合、就業規則にも書かれていません。
    自粛を破った所で法的には問題にもなりません。

    あくまでも任意の取り組みが自粛です。性善説に基づいて、みんなで自粛をがんばろうという取り組みは美しいのですが、自粛対応の限界も感じますし、自粛警察や、マスク警察のように勝手に取り締まりをはじめる人も出現します。

    インフルエンザ特措法では、強制的な制限はないようですのでルールの徹底を論じるのであれば法改正も必要となるでしょう。

    現状はあくまでも任意の自粛対応ですので、新しい生活様式を守り、危険レベルに合わせた対応をお願いするという形になりますが、政府から出ている新しい生活様式や、ソーシャルディスタンスをしっかり守る対応を継続して感染拡大の予防に取り組んでいきましょう。

    このページのトップヘ