新型コロナ対策

看護師出身の医療・福祉向け経営コンサルタントの(株)NSコンサルタンツが運営するブログです。日総研出版より看護関係の執筆多数あります。 本来は看護を中心とした業務改善の専門家ですが、(株)ホギメディカル出身ですので感染対策についても得意な指導分野です。顧客からの質問も多いのでブログを書くことにしました。私見が多くなりますが、よろしくお願いします。

    2020年は主に新型コロナ関連の対策等の情報をお伝えしていきます。 NSコンサルタンツのHPは以下となります http://ns-consultants.co.jp/ YAHOOショップ開店しました。 https://store.shopping.yahoo.co.jp/ns-consultants/search.html FaceBookは以下となります。 https://www.facebook.com/toshifuminishina

    タグ:ワクチン

    国が実施しているワクチンの接種管理の体制に不安があります。
    ワクチンの供給は国、ワクチン接種の実施管理は自治体という事ですが、自治体ごとに管理体制がばらばらな状態です。
    予約システムも自治体ごとの対応という事です。

    こんな話を聞いているとシンプルな疑問がわいてきます。
    マイナンバーでなぜすべてを一元管理をしないのだろうか?という疑問です。
    マイナンバーカードの普及率がまだ低いとのことですがすでにマイナンバーは全国民に振られています。

    そのマイナンバーに対して、PCR検査履歴・ワクチン接種履歴を一元登録できるデータベースを作ってもらい、医療機関、行政、保健所で共有できる仕組みにしてくれたらよい話だと思います。

    ダブって予約したり、今後出てくる、ファイザー以外のワクチンとの混在予約や混在接種がない体制整備を作ってほしいものです。

    第1回目のワクチン接種を受けました。
    0.3mlだからでしょう、痛くもなんともなかったです。15分の待機も特に問題なかったです。

    2回目の接種で発熱する人が多いようで、産科医をしている義兄が2回目に1晩発熱しました。
    私も2回目では発熱するでしょうが、特に問題はないと思います。

    とはいえ300人に1人は接種15分以内にアナフィラキシー症状があるようですのでしっかり状態観察をしてください。

    重症化回避のためにも、ワクチンは是非接種される事をおすすめします。




    インドでは三重変異株の報告もあるようです。
    感染が蔓延してくると、変異しやすいというコロナウィルスの特徴が顕著になってきます。
    さらには四重変異等への変化も含めてさらなる変異リスクが増します。
    現行変異株でも言われていますが、変異により型が変わればワクチン効果が期待通りにいかない可能性が高まります。
    ワクチンは重症化を防ぐ物です。世の中の風潮では、ワクチンが最後の手段かのように論評されていたすが、ワクチンは治療薬ではありません。ワクチンで重症化を防ぎながら治療薬開発の時間稼ぎが出来たら良いなと思います。
    私は4月30日に第一回目のワクチン接種を受けます。まずは医療従事者のワクチン接種を早急に終わらせましょう。
    医療機関側は、2年に1回、12月31日時点の医療従事者リストを保健所に提出しています。これはアルバイト医師などの掛け持ちも報告します。また、新設施設は開設許可申請に医療従事者リストを提出しています。よって保健所は医療従事者を全て捕捉できる仕組みです。
    このため、基本強制で医療従事者はワクチン接種。妊婦や、アレルギーの人は、ワクチン非摂取リストに載せてバックヤードに配置転換の様にわかりやすいルールに出来るはずなんです。なぜ現場に運用ルールを投げるのか意味がわからないなと感じます。

    今までの新型コロナは、遺伝子の1ヶ所が変異するものでした。今回ニュースになった二重変異株とは、遺伝子2ヶ所に変異が発生したものとなります。
    この二重変異株が猛威をふるっているのがインドで、2021年4月22日の報道では、この二重変異株が日本で5人報告されました。

    日本の水際対策がうまくいってない事をあらためて実感する事態です。

    二重変異株についてはまだまだ情報が少ないのですが、感染力が強く、ワクチンが効きにくいのではないかと言われています。
    もう少し情報が溜まれば解説できると思います。
    ただはっきりしているのは、インドでの感染爆発はこの1ヵ月で起きてます。一気に拡大したようです。この原因とされる二重変異株が日本で確認された点が怖いなと感じています。

    インドの感染爆発状況

    221日新規感染 14千人

    321日新規感染 47千人

    421日新規感染 31万人

    1ヵ月年間に感染爆発を起こしています。


    IMG_6328

    インフルエンザワクチンは、4つの型に適合するように調剤されています。4つの型の内訳は、A型2種類、B型2種類です。
    インフルエンザの場合も、流行に応じて対応する型を年々増やしてきています。

    新型コロナの場合は、世界的に様々なワクチンが開発されてきていますが、アストラゼネカ製のワクチンは南アフリカ型の変異種には効果が低いという治験結果が出ています。
    新型コロナウィルスは、変異種が様々な型が報告されています。南アフリカ型、イギリス型、ブラジル型、カリフォルニア型の流行が報じられています。今現在承認されているワクチンが全ての型に対応できる保証がないのがややこしい点です。新型コロナは変異を起こしやすいという特徴があるため、対応するワクチンのいたちごっこになっています。ワクチンにより重症化を抑えながら、治療薬の開発に期待したいものです。
    あとは、インフルエンザワクチンの様に毎年打たないといけなくなりそうだなあと思っています。終生免疫は無理だろうと思います。

    このページのトップヘ