新型コロナ対策

看護師出身の医療・福祉向け経営コンサルタントの(株)NSコンサルタンツが運営するブログです。日総研出版より看護関係の執筆多数あります。 本来は看護を中心とした業務改善の専門家ですが、(株)ホギメディカル出身ですので感染対策についても得意な指導分野です。顧客からの質問も多いのでブログを書くことにしました。私見が多くなりますが、よろしくお願いします。

    2020年は主に新型コロナ関連の対策等の情報をお伝えしていきます。 NSコンサルタンツのHPは以下となります http://ns-consultants.co.jp/ YAHOOショップ開店しました。 https://store.shopping.yahoo.co.jp/ns-consultants/search.html FaceBookは以下となります。 https://www.facebook.com/toshifuminishina

    タグ:ワクチンパスポート

    ニュースを見ていたら、イギリスではどんどんインド型に置き換わりが進んでおり、ワクチン接種を広げていても、インド型の強い感染力により感染者数がまた増加に転じているとの話であった。ワクチン接種を50%近く進めたイギリスで、2000人/日が、4000人/日へ感染者数が増加しているという話が心配です。
    感染者の年齢分布や、重症化率の情報が不十分なので追加情報が欲しいものです。
    ワクチンは重症化を防ぐものであり、感染を完全に防ぐものではない点を再確認しておいてください。
    ワクチンパスポートの話題は、治療薬がない現状を無視しているようで怖く感じます。

    ワクチン接種した人は自由に旅行できるようにしていこうという話があり、そのためにもワクチンパスポートを発行していこうという話を耳にしました。
    私が今まで学んできたのは、ワクチンは重症化を防ぐもので、感染を防ぐという役割は補助的な効果だという事です。
    新型コロナウィルスの特徴は変異が起こりやすく、ワクチンが全ての変異に対応できるという事は考えにくいのです。
    ワクチンを打てば感染リスクが大幅に下がるので、安心は出来ますが安全な状態ではないと考えます。
    インフルエンザはワクチンを接種していても罹患しますが、ワクチンで重症化を防ぎます。
    新型コロナも、ワクチンを接種したから罹患しないという保証はないのです。周辺70%の人がワクチンを接種して集団免疫を獲得する事で新型コロナの感染拡大を防げます。このため、アレルギーなどの問題がない人はワクチンをどんどん接種して下さい。
    ちなみに、ワクチン接種を2回行うと、1回目、2回目のワクチンのlot番号の入ったシールがついた証明書が完成します。
    シール2枚とワクチン接種した日、ワクチン接種した場所が記載されたものです。
    正式名称は、[新型コロナワクチン接種記録書]です。

    このページのトップヘ