新型コロナ対策

看護師出身の医療・福祉向け経営コンサルタントの(株)NSコンサルタンツが運営するブログです。日総研出版より看護関係の執筆多数あります。 本来は看護を中心とした業務改善の専門家ですが、(株)ホギメディカル出身ですので感染対策についても得意な指導分野です。顧客からの質問も多いのでブログを書くことにしました。私見が多くなりますが、よろしくお願いします。

    2020年は主に新型コロナ関連の対策等の情報をお伝えしていきます。 NSコンサルタンツのHPは以下となります http://ns-consultants.co.jp/ YAHOOショップ開店しました。 https://store.shopping.yahoo.co.jp/ns-consultants/search.html FaceBookは以下となります。 https://www.facebook.com/toshifuminishina

    タグ:在宅隔離

    新型コロナの特徴的な症状といえば、味覚障害、嗅覚障害でしたが、最近はこの症状を訴える患者さんに遭遇しません。
    発熱と、咽頭痛がほとんどです。この症状でpcr検査をした場合で、60%程度で陽性となっています。これは私が直面している広島県での状況です。東京はクラスター対策も崩壊し、さらに大変だとは思いますが、治療薬はあり、治療できる状態にはなっています。
    在宅療養でも、療養施設でも、点滴治療と酸素投与が可能な環境があれば治療は進みます。
    ただし、カクテル療養は、臨床現場の感覚だと発症5日以内でないと効果が期待難しいように感じてます。
    医療機関が埋まれば、在宅隔離ですので、家庭内感染が広がらない手順を確認してください。
    かなり前にこのブログでも解説してますからブログ内検索してみてください。
    いずれにしても、感染者が増えれば、15%程度は重症化リスクが高いわけですから、①可能な限りワクチンを打ち重症化を防ぐ②三密をさける③体調に異変があれば休む
    この対応が大切です。

    私が事務長をしている医療機関にメールで広島県全域でPCR検査を展開します。
    県内全域でのPCR検査を1月18日から2月28日まで実施するとの事。
    唾液検査で、検査料無料、予約方式で10時〜17時、陽性の場合は、原則翌日に電話。陰性者は県のホームページでの確認。となっています。

    ついに広島県もやる気になったなーと思いましたが、強制的なものではなく、任意なものとなっています。
    私の所属先では院内でPCR検査体制があるため、院内の感染対策室のメンバーと協議して対応したいと思います。


    検査拡大は良いことです。しかしながら、検査後の対応についての一定の方向性を示唆した対応が重要です。
    陽性の場合、設定基準までなら在宅療養、設置基準を超えたらホテル療養、さらに、入院基準となれば入院対応というような結果を受けた対応基準が必要だと思いますが、受け取っている資料ではとりあえず検査しましょうというニュアンスだと思います。

    陽性が出たら、陽性者用スマホと、体温計、S aO2モニタを渡して、在宅療養中の体温、SaO2記録と、記録状況をLINE等で保健所側が確認し、GPSで異常があれば警察に追跡依頼するような仕組みが良いです。
    通話なしのシンプルスマホを活用すれば通信費込みでもたいしたコストはかからないで可能な仕組みです。自分のスマホがある人は、LINEの友達追加対応、スマホがない人は貸し出し対応が良いでしょう。
    広島市内の状況を踏まえても、クラスターが追えない。とりあえず検査を増やして実態把握に努める作戦でしょうが、その後の方策がよく見えないように思います。私は、このブログでも随分前から在宅療養の注意点ややり方を解説してきました。残念ながら概ね警鐘を鳴らした通りの流れで世の中が進んでいます。
    入院拒否に罰的な無駄な議論はいらないです。在宅療養やむなしなんだから、どう安全に在宅療養できるか、家族感染を抑えるための方策の指導を頑張った方が良いです。

    神奈川、広島で在宅での急死というニュースが出ていましたが、新型コロナの場合は、肺炎の急性増悪や、血栓が報告されていますので、専門家による経過監査対象にいる事が大切です。

    検査を受けて陽性になるのが怖いという人がいるようならば、その考えは危険です。まずは、陰性確認をしましょう。ただの風邪ならラッキーです。もし、陽性ならば、保健所や、病院の指示による家庭療養に進みます。重症度や、危険因子があれば入院となります。
    大切なのは、専門家の管理下での隔離です。異常があれば駆けつける、もしくは即入院ができる状態での在宅療養であれば良いのですが、怖いから病院もいかずにじっと我慢するという行為が怖いです。

    前もっての問診情報や、検査結果等の診療情報を保持し、経過記録まである患者を受け入れるのと、救急患者を飛び込みで受け入れるのでは、かかる時間、手間が倍以上に違います。医療体勢が逼迫している中、市民の皆様にもご理解頂き、隠さない、隠れないで、早期検査、早期隔離に協力お願いします。

    また、広島での在宅死のニュースにおいて、検査結果陽性を受け、翌日入院の予定とのことでした。実際問題として、救急車での緊急入院でない限り、着の身着のままでの即入院というケースは非常にまれです。翌日入院ですので、本日は自宅で入院準備をお願いします。という状況だったのであろうと認識しています。
    医療機関に非があるような報道を多数拝見しますが、医療機関側は悪気があったわけではない。と感じています。在宅死が起こった事実については、お悔やみ申し上げます。この様な事態が再度発生しないように、在宅管理のモニタ基準の一定の強化が必要だと思います。

    濃厚接触等での自宅待機でも同じですが、日々の健康状態確認は記録に必ず残して下さい。私達医療従事者は、毎日体温測定、体調変化の記録をしています。また、これは家族も含めて記録をしています。

    日々の体調変化を行う事が基本ですが、わが家では、家族一人一人に個人用体温計を渡しています。また、1台しかありませんが、血圧計と、酸素飽和度計を用意しています。
    呼吸器、特に肺の状態を図るには酸素飽和度が大切で、93%以下が異常のサインとなっています。

    異常がある場合は、基本的には管轄の保健所に相談となります。また、医療機関からの指示での在宅療養の場合は、指示元の医療機関に連絡となります。

    また、わが家には聴診器もありますから、肺の音も確認できます。無症状肺炎の場合は、肺の上葉に肺雑音が聞こえます。
    一般の家にはさすがに聴診器はないと思いますので、1万円くらいで買える酸素飽和度計の準備をお勧めします。

    広島市内でも、在宅療養中の突然死の報告がありましたが、肺炎の急速悪化なら酸素飽和度でわかります。しかし、血栓によるものでは、通常では判別困難です。病床が不足では在宅療養やむなしですので、体温計と、酸素飽和度計は確保する事をお勧めします。

    それ以外については、他にも色々記事を書いてますから、PCからならこのブログ検索できますから検索してみて下さい。

    taichou_hyou

    広島市保健所もクラスター追い切らなくなってきてるようです。
    家族などの濃厚接触者が出た場合の在宅隔離の方法を解説します。
    個室隔離が基本です。基本的には、発熱症状対策ですから、アイスノンや、冷えピタがあったほうが良いです。
    洗濯物は、ビニール袋で室内で貯めましょう。感染リスクが高い洗濯物は、0.1%次亜塩素酸Naでバケツに10分漬けたあとに洗濯します。
    食器は普通のもので良いですが、下げた際はお湯を利用して洗浄して下さい。
    共有は洗面、風呂、トイレです。
    動作混戦しないようにします。ドアノブ、座面はアルコール拭きが良いです。清掃時は手袋を利用してください。無い場合はビニール袋を手袋がわりにして下さい。
    嘔吐物等の処理は、0.1%次亜塩素酸NAが必要です。ハイターを薄めて作ります。

    介護向けセミナーで次亜塩素酸NAの作り方を解説してますので、リンク資料を参考にして下さい。
    介護セミナー資料

    また、在宅隔離準備リストも添付します。
    レシピ

    在宅隔離頑張って乗り切りましょう。

    このページのトップヘ