新型コロナ対策

看護師出身の医療・福祉向け経営コンサルタントの(株)NSコンサルタンツが運営するブログです。日総研出版より看護関係の執筆多数あります。 本来は看護を中心とした業務改善の専門家ですが、(株)ホギメディカル出身ですので感染対策についても得意な指導分野です。顧客からの質問も多いのでブログを書くことにしました。私見が多くなりますが、よろしくお願いします。

    2020年は主に新型コロナ関連の対策等の情報をお伝えしていきます。 NSコンサルタンツのHPは以下となります http://ns-consultants.co.jp/ YAHOOショップ開店しました。 https://store.shopping.yahoo.co.jp/ns-consultants/search.html FaceBookは以下となります。 https://www.facebook.com/toshifuminishina

    タグ:感染対策

    いよいよ日本国内でも新型コロナウィルスのワクチン接種が開始されます。
    重症化防止だけでなく、罹患率の低下にも期待が高まります。私も医療従事者登録がありますから打つ予定ですが、感染対策チームと協議してますと、このワクチンは2回目の接種で、かなり強い倦怠感と、発熱が出る事が多いとの事で、これは欧米からの情報だそうです。
    感染症学会の提言にも、2回目がキツそうな資料だったし、大変そうではありますが、新型コロナに感染した人の後遺症問題などを踏まえると、妊婦や子供以外は可能な限り打った方が良いんだろうと思っています。
    余談ですが、英文のワクチンの添付文書では、1V6回の記述でしたが、日本版では5回で統一されるようです。ブログで、6回分だと書いてきましたが、訂正し、5回分となります。
    いずれにしても、気温が上がり、感染者数も減少してきましたから、とりあえず冬の波は乗り越えられたねかなと思います。次の秋以降の流行期に向けて、打てる人はワクチン接種し、備えていきましょう。しかし、ワクチンはどの程度力価が持つのだろうか疑問ではあります。
    インフルエンザワクチンの場合は4ヶ月です。一説ではコロナワクチンは1年程度との話ですが、新しいワクチンすぎて情報が足りないです。

    マスクは、顔に密着している事が大切です。特にN95では顔にあわせて空気を抜きながら装置して密着度を高めます。今回話題となっている2重マスクは、医療用不織布との重ねあわせでの結果に対するレポートです。医療用不織布の上からウレタンや布マスクを装着する事でマスクの密着度が増すために、飛沫の吸い込み予防効果が期待できるという試験データとなってました。
    私的には、ウレタンマスクや、布マスク単体でつけるのはあまり意味がないから医療用不織布マスクをフィルターにしなさいと促しているメッセージなんだろうと認識しました。

    昨日友人と話していると、最近はスポーツジムの中でのマスク装置が厳しくて、マシン中の着用、スタジオでの着用は当たり前で、サウナな中でもマスクをつけるルールになって大変だよと話していました。
    私は、自分が感染持ち込みをしたくないので3月に大規模なジムは解約しました。このため最近のジム事情はわかりませんでしたが、なるほど、色々な対策があるものだと思いました。
    私的にはそこまでして大規模なジムに行く必要があるのだろうか?との感想です。
    私は今は自宅の腹筋台と、ダンベルでホームトレーニングと、日々の犬の散歩に取り組んで活動量を維持しています。

    IMG_4477

    一般の方からよく注文頂いているのが、足踏み式アルコールスタンドのキックDEポンと、上側から引き出してとる、新発想のペーパータオルホルダーのドライアシストPROです。

    飲食店や、福祉施設さんからは、可動式スクリーンや、固定式の飛散防止スクリーンを購入頂いてます。

    ガウンやエプロンは医療機関や福祉施設、育児施設向けですから、注文は少ない感じです。

    感染対策品のラインナップの拡充を進めて行きますのでよろしくお願いします。

    去年も私が医療従事者登録しているクリニックからの出張で、企業内での出張インフルエンザワクチン接種に看護師として参加してきました。
    オペレーションは、
    ①事前に問診票を配布して書いて来てもらう。
    ②事務員 問診票の記載漏れ確認、非接触体温計での体温計測して、記載
    ③医師による問診、診察
    ④異常なしの場合はワクチン接触
    ⑤接種後に異常がある場合はクリニックに連絡をもらう事を含んだ注意事項の紙を渡す。
    以上の形です。

    準備物品は、
    往診カバン
    人数分+予備少しのワクチン
    副作用の説明用紙
    1ml針付きシリンジ 人数分+予備少し
    ゴミ入れ、問診票回収封筒

    配置人員
    医師1名
    看護師2名
    事務員1名

    インフルエンザワクチンは1バイヤルで2人分ですが、新型コロナは6人分です。
    ロスがない様に6の倍数で予約して対応が必要となります。

    基本的には、コロナワクチンも同じオペレーションになると思います。
    違いは、インフルエンザは皮下注射
    新型コロナは筋肉注射
    ですから新型コロナの方が痛いです。

    インフルエンザワクチンの集団接触は50人で1時間くらいです。
    1番時間がかかるのが、着衣を脱ぐ時間です。
    企業内の場合は、先に女性、後から男性で対応しています。医師の診察で、呼吸音の聴診をするためと、注射の際にTシャツ程度にしてもらわないと脱ぎ着の時間が大変だと思います。

    だいたいの流れは同じですが、新しい薬剤の投薬ですから、副反応の観察時間をどれくらいとるかがポイントになると思います。

    このページのトップヘ