新型コロナ対策

看護師出身の医療・福祉向け経営コンサルタントの(株)NSコンサルタンツが運営するブログです。日総研出版より看護関係の執筆多数あります。 本来は看護を中心とした業務改善の専門家ですが、(株)ホギメディカル出身ですので感染対策についても得意な指導分野です。顧客からの質問も多いのでブログを書くことにしました。私見が多くなりますが、よろしくお願いします。

    2020年は主に新型コロナ関連の対策等の情報をお伝えしていきます。 NSコンサルタンツのHPは以下となります http://ns-consultants.co.jp/ YAHOOショップ開店しました。 https://store.shopping.yahoo.co.jp/ns-consultants/search.html FaceBookは以下となります。 https://www.facebook.com/toshifuminishina

    タグ:接種券

    ワクチン接種する側は、状況確認するためにも、接種券を確認したいです。
    ニュースになっていて気になるのが同じ人に1日2回ワクチンを接種したという話です。
    本人確認して、接種券と、ワクチン接種証明書により、何回目のワクチン接種なのか、前回いつどこで、どのメーカーのワクチン接種したのかを確認します。その手順が間違えて起こった事故だと思います。
    ややこしいのが、職業接種の取り組みで、1000人以上の企業向けの説明資料では、接種券なしで、追認しても良いからワクチン接種を進めなさい。接種券は後から追認すればよいていう内容の文言がある。
    私は国に疑問を投げかけたい。マイナンバーや、健康保険証番号に紐付けたデータベースを作り、ワクチン接種会場からアクセスして確認する仕組みをなぜ作ってくれないのだろうか?
    ワクチン接種券も、予診表も、ワクチン接種証明書も忘れてくる人が沢山います。マイナンバーカードか健康保険証さえあれば安全に本人確認できて、ワクチン接種できるという仕組みがなぜないのかが不思議でなりません。
    私はコロナワクチンは毎年打つ必要があるものだろうと考えていますから、なおさら追跡出来る仕組みの整備を希望します。

    もしくは、12歳以上の全国民に接種券を渡して欲しいです。
    今のレギュレーションでは、接種券が、ある人にだけワクチンが打てます。しかも現状はワクチンの在庫はある状態です。どんど打ちたくても打てない状況を作っているのは国や、自治体です。

    新型コロナワクチン接種の準備をしています。
    私の所属施設では6月8日から対応します。
    6月10日以降なら65歳以上が接種券ある状態ですから、まずは通リハ利用者、入院患者、外来のかかりつけ患者、職員家族に対応をすすめていきます。
    それにしても、外来患者さんを中心に進めてますが、問い合わせと質問が多くて大変です。
    ややこしいのが、6人1バイアル縛りなのと、接種券がある人にしか打てないという縛りです。
    キャンセル待ちとして、関連の老人ホームの職員への接種を初期は用意してますが、他には周辺の町内会に声をかけて対応していく事にしました。貴重なワクチンを無駄にしないように頑張ります。
    現状ではワクチンでの集団免疫構築が最大の感染対策ですので、ワクチンをどんどん供給してもらい、縛りなしでどんどん打ちたいですね。

    このページのトップヘ