新型コロナ対策

看護師出身の医療・福祉向け経営コンサルタントの(株)NSコンサルタンツが運営するブログです。日総研出版より看護関係の執筆多数あります。 本来は看護を中心とした業務改善の専門家ですが、(株)ホギメディカル出身ですので感染対策についても得意な指導分野です。顧客からの質問も多いのでブログを書くことにしました。私見が多くなりますが、よろしくお願いします。

    2020年は主に新型コロナ関連の対策等の情報をお伝えしていきます。 NSコンサルタンツのHPは以下となります http://ns-consultants.co.jp/ YAHOOショップ開店しました。 https://store.shopping.yahoo.co.jp/ns-consultants/search.html FaceBookは以下となります。 https://www.facebook.com/toshifuminishina

    タグ:新型コロナ


    厚生労働省より、新型コロナワクチンの予診票が公開されています。

    けいれん、という項目が気になりましたか、基本的な内容はインフルエンザの予防接種と違わない感じです。

    https://www.mhlw.go.jp/content/000739379.pdf


    現時点では、ファイザーしかないから良いですが、アストラゼネカや、モデルナのワクチンも運用始まれば同じ会社のワクチンを2回が必須になりますから間違いしないように管理が必須です。
    用紙を見る限りだと、ワクチン接種の都度記載がいりそうです。

    いよいよ日本国内でも新型コロナウィルスのワクチン接種が開始されます。
    重症化防止だけでなく、罹患率の低下にも期待が高まります。私も医療従事者登録がありますから打つ予定ですが、感染対策チームと協議してますと、このワクチンは2回目の接種で、かなり強い倦怠感と、発熱が出る事が多いとの事で、これは欧米からの情報だそうです。
    感染症学会の提言にも、2回目がキツそうな資料だったし、大変そうではありますが、新型コロナに感染した人の後遺症問題などを踏まえると、妊婦や子供以外は可能な限り打った方が良いんだろうと思っています。
    余談ですが、英文のワクチンの添付文書では、1V6回の記述でしたが、日本版では5回で統一されるようです。ブログで、6回分だと書いてきましたが、訂正し、5回分となります。
    いずれにしても、気温が上がり、感染者数も減少してきましたから、とりあえず冬の波は乗り越えられたねかなと思います。次の秋以降の流行期に向けて、打てる人はワクチン接種し、備えていきましょう。しかし、ワクチンはどの程度力価が持つのだろうか疑問ではあります。
    インフルエンザワクチンの場合は4ヶ月です。一説ではコロナワクチンは1年程度との話ですが、新しいワクチンすぎて情報が足りないです。

    マスクは、顔に密着している事が大切です。特にN95では顔にあわせて空気を抜きながら装置して密着度を高めます。今回話題となっている2重マスクは、医療用不織布との重ねあわせでの結果に対するレポートです。医療用不織布の上からウレタンや布マスクを装着する事でマスクの密着度が増すために、飛沫の吸い込み予防効果が期待できるという試験データとなってました。
    私的には、ウレタンマスクや、布マスク単体でつけるのはあまり意味がないから医療用不織布マスクをフィルターにしなさいと促しているメッセージなんだろうと認識しました。

    厚生労働省からのワクチン接種に関する説明資料です。確認してください。
    https://www.mhlw.go.jp/content/10906000/000726454.pdf

    去年の今頃は、国内での新型コロナの報告はポツポツと報告されていました。
    気持ちが悪いのは、イギリスではほとんどが変異種に置き換わり、また、この変異種の方が広がりやすいとされています。
    春から夏は落ち着くとは思いますが、秋からの感染拡大は変異種になりそうです。
    いずれにしても、感染者数が減ってきたから安心では無さそうです。

    このページのトップヘ